思い入れの蕎麦屋。

(時系列のない話。)

 

ここ10年くらい、

3〜5月くらいになると行く

蕎麦屋がある。

 

 

標高1000Mを超える山奥の村。

 

 

初めて行ったときは

なんでこんな所にこんなすごい

旧家のお店があるの?

 

っていうくらい

その旧家を利用した店は

立派な造りで趣があり、

 

 

その小さな村の雰囲気自体も

私は今まで感じたことのない

 

んー

 

不思議な感じがした。

 

 

 

 

 

画像お借りしてます。

 

 

このお店、おもしろくて。

 

いつやってるのか、全然決まってない。

 

 

雪深いところなんで

季節も関係してるみたいだけど

 

ある年は2月に行ったら開いてて

ある年の2月は閉まってる。

 

 

ある年は、

土日のみになりましたと聞いて、

ある年、土日に行ってもやってない。

 

 

ある年は、

店閉めたと聞いて

 

ある年は

経営者が変わりましたと聞いて

 

ある年は経営者が元に戻って

料理人が変わりました、と聞いて。

 

 

もー謎は深まるばかり。

 

 

 

だから

年に数回その地方へ行っても

開いてるか閉まってるか

 

それすらが楽しみになってきた。

 

 

 

 

立派な梁、囲炉裏、彫刻

とにかく立派で

とても雰囲気がある。

 

ジャズが流れてる。

 

 

画像お借りしました。

 

 

この村にこの雰囲気のお店。

 

 

謎めきすぎて、

謎についてぐるぐる考える

店を出てからの時間。笑

 

 

 

 

なによりも

蕎麦がおいしい。ほんとに。

 

 

謎は必要以上に究明しない。

 

 

謎も含めてのこの蕎麦屋が

なんともお気に入りなのです。

 

 

 

これは自分で撮った!

 

 

 

 

もちろん彼と一緒に、

でございます。

 

 

 

久しぶりの映画。

先日久しぶりに映画を観た。

最近はもっぱら、姪っ子甥っ子の同伴映画。

 

流行りに乗って「万引き家族」。

 

 

 

公式サイトより

 

 

 

恥ずかしい話

私は映画とか全然造詣ないし、

観る側としてとってもミーハーだと思う。

 

 

なので

見始めて最初の感想。

 

フランス映画っぽいな、、

 

 

フランスの映画祭で賞獲ったって

先入観も入ってそんな感じ、、?

 

 

 

淡々とドキュメンタリーのように

話が進んでいく。

 

 

ハリウッド映画のように

バーン!ボーン!

盛り上がりでバックミュージック、

みたいな演出はなくて

 

 

ミーハーな

感情の揺さぶられ方とは違う、

 

なんか胸をえぐられるような

観たいような観たくないような

心が渦巻く感じ?

 

 

やっぱりフランス映画っぽい。

 

 

 

久しぶりに

こういう感じの映画観て思った。

 

みる側の心の状態によって

受け取る影響も違ってくる。

 

私の場合、元気な時にこういうの

みて鎮めるくらいがいいのか?

 

メンタル敏感な時に

過剰な感情移入して、

かえって癒し効果を得る

くらいがいいのか?

 

とか。

 

ハリウッド映画にしたって

同じだけど。

 

とか。

 

どうでもいいようなことを

ぐるぐる考えた。

 

 

 

好きなグリーン。

好きなグリーンの写真が撮れた。

 

 

 

 

 

 

好きな色はいくつかあるけど

わりと最近になって

緑も好きだと気づいた。

 

 

意識してなかったのに

服も緑が数着ある。

 

 

 

 

緑の多い地域に住んでるのに

さらに山奥へ行ってきた。

 

人に誘われて

いまいち乗り気でもなかったけど。

 

 

 

行ったら行ったで

だんだん心がほぐれてくるのがわかる。

 

こういうのって結構あるあるよね。

 

行ってみたら

面白くなってきたっていうね。

 

 

 

こんな好きな感じの

グラデーションな緑を見つけて

喜べもした。

 

 

 

感性に刺激を受けることは

日常にも転がってるんだろうけど

 

非日常の中でこそ

研ぎ澄まされるのかな?

 

 

ここ数日の"どハマり"。

ここ数日間"どハマり"中。

 

PYG。

 

 

PYGと書いてわかる人は

相当マニアックなファンみたい。

 

 

私は最近知って今ハマってる訳なので

当然タイムリーなファンではない。

 

 

 

 

PYG(ピッグ)

1971年に結成されて

当時はニューロックと呼ばれた

ロックバンド。

 

 

 

画像お借りしました

 

 

 

 

私世代からすれば

親世代の青春音楽だから

”懐メロ”とかで耳にしてた頃の音楽。

 

 

このPYG。

 

1年そこそこで解散したらしいけど

玄人受けするというか

未だにミュージシャンの間でも

実はすごいバンドだったって評価もあるそう。

メンバーと音楽性で

 

 

団塊世代の青春(?)

グループサウンズ時代終焉で

商業的には売れなかったらしいけど。

 

 

 

 

最初に聞いて

グッときてしまった曲

「花・太陽・雨」。

 

 

若者が聞いたら単なる昔の曲、

になるんだろうな。

 

 

古臭くて陰気くさいと

感じる人もいるだろうね。

 

 

 

なんだろう。

私は胸の奥をつかまれて

 

現実の目の前の世界をまるで

映画を見てるかのような感覚に

TRIPさせられる感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

うまく表現できない

自分でもよくわからない

心、感情が共鳴し合うような。

 

 

 

物事なんでも

陰陽のバランスが大事っていうけど

 

元気をくれる世界も必要だけど

自分に籠れる世界も必要だよね。

 

 

ま、

もともと私は

眩しい太陽のもと

生きるタイプじゃないから

 

陰の世界の方がしっくりきてしまうけど。

 

 

 

 

 

 

超・短期的な"どハマり"は

継続的に起こるので

 

これもいつまでハマってるのかは

わからないけど

 

好きな曲に加わったのは確かかな。

 

 

 

all or nothing!!

仕事でブログを使い始めて

やっと1年半くらいか。

 

アメブロね。

 

 

初めて他のブログを始めてみようと

こっちのアカウントつくったけど

なかなかいちいち、

四十路女には大変です。

 

 

 

ということで

初めての投稿のタイトルは

「all or nothing!!」

 

全か無か!!

一か八か!!

 

って意味。

 

 

 

ここ最近、

自分の人生を振り返ってみて

 

私の生き方って

ひとことで表現するとこれだな、

ってハマった。

 

 

ので

最初にそのことを書いておこうかと。

 

そうだ、

ブログのタイトルもつけられるんだね。

 

「all or nothing!!」にしておこう。

 

 

 

 

1