ここ数日の"どハマり"。

ここ数日間"どハマり"中。

 

PYG。

 

 

PYGと書いてわかる人は

相当マニアックなファンみたい。

 

 

私は最近知って今ハマってる訳なので

当然タイムリーなファンではない。

 

 

 

 

PYG(ピッグ)

1971年に結成されて

当時はニューロックと呼ばれた

ロックバンド。

 

 

 

画像お借りしました

 

 

 

 

私世代からすれば

親世代の青春音楽だから

”懐メロ”とかで耳にしてた頃の音楽。

 

 

このPYG。

 

1年そこそこで解散したらしいけど

玄人受けするというか

未だにミュージシャンの間でも

実はすごいバンドだったって評価もあるそう。

メンバーと音楽性で

 

 

団塊世代の青春(?)

グループサウンズ時代終焉で

商業的には売れなかったらしいけど。

 

 

 

 

最初に聞いて

グッときてしまった曲

「花・太陽・雨」。

 

 

若者が聞いたら単なる昔の曲、

になるんだろうな。

 

 

古臭くて陰気くさいと

感じる人もいるだろうね。

 

 

 

なんだろう。

私は胸の奥をつかまれて

 

現実の目の前の世界をまるで

映画を見てるかのような感覚に

TRIPさせられる感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

うまく表現できない

自分でもよくわからない

心、感情が共鳴し合うような。

 

 

 

物事なんでも

陰陽のバランスが大事っていうけど

 

元気をくれる世界も必要だけど

自分に籠れる世界も必要だよね。

 

 

ま、

もともと私は

眩しい太陽のもと

生きるタイプじゃないから

 

陰の世界の方がしっくりきてしまうけど。

 

 

 

 

 

 

超・短期的な"どハマり"は

継続的に起こるので

 

これもいつまでハマってるのかは

わからないけど

 

好きな曲に加わったのは確かかな。

 

 

 

コメント